2010年02月08日

国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬(医療介護CBニュース)

 塩野義製薬は2月1日、昨年4-12月期決算を発表した。国内の医療用医薬品の売上高は、前年同期比0.5%増の1171億円と微増。高コレステロール血症治療薬クレストールが184億円(39.4%増)と大幅な伸びを見せたが、フロモックスが192億円(8.1%減)、フルマリンが70億円(14.6%減)、塩酸バンコマイシンが49億円(23.4%減)と、主力の抗生物質の減収で相殺された。

 一方、全体の売上高は、海外でクレストールを販売しているアストラゼネカ(英国)からのロイヤルティー収入357億円(37.8%増)や、2008年10月に買収した連結子会社のシオノギファーマ(前サイエルファーマ、米国)からの283億円の寄与により、前年同期比25.2%増の2064億円だった。利益面でも、前年同期にシオノギファーマの買収に伴うインプロセスR&D費(96億円)を計上していたことから、営業利益が350億円(52.6%増)、経常利益が333億円(42.6%増)、純利益が255億円(135.3%増)と、大幅な増益となった。

 通期予想に変更はない。



【関連記事】
新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬
アドレナリン作動性疾患の治療薬開発企業を買収―塩野義製薬
タミフル、リレンザに続く抗インフル薬を承認申請―塩野義
新製品効果で医薬品売上高が増加―塩野義
塩野義製薬が阪大大学院と共同研究施設

トヨタ佐々木副社長、国交省で事情説明(レスポンス)
COPDの予防方策などで検討会設置へ(医療介護CBニュース)
自民は不祥事から卒業=谷垣氏(時事通信)
池田被告らも保釈 陸山会の土地購入めぐる事件(産経新聞)
新提案なら「検討の用意」=普天間移設で米国務次官補(時事通信)
posted by イシイ オサム at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。