2010年06月08日

<自殺者>遺族を2次被害から守る 全国で署名活動へ(毎日新聞)

 自殺に対する偏見や理不尽な損害賠償請求から遺族や未遂者を守ろうと専門家や遺族が3日、国に「2次被害者保護法」の制定を求めて全国で署名活動を始める。3日は東京都内でシンポジウムも開き、遺族らの置かれた状況を訴えて協力を呼び掛ける。

 活動を進めているのは、全国自死遺族連絡会の世話人で、仙台市の自助グループ「藍の会」代表の田中幸子さん(61)や、精神科医で聖学院大学大学院(埼玉県上尾市)の平山正実教授(71)ら。

 (1)医療施設や公的機関での遺族、未遂者への人権配慮(2)遺族らへの不当請求の禁止(3)一元的な支援窓口の設置−−などを柱とする保護法の制定を求め、11年3月までに15万人分の署名を目指す。

 シンポジウムは3日午後1時半、東京都港区赤坂1の日本財団ビルで。参加無料。問い合わせは田中さん(090・5835・0017)。【百武信幸】

【関連ニュース】
自殺:原因「失業」が7割増 30代の増加、目立つ
自殺防止策:健康診断に精神疾患検査追加へ…厚労省PT
自殺予防策:健診で精神疾患検査−−厚労省PT
クローズアップ2010:自殺者、12年連続3万人超 若者、死に追いやる不況
いのちの電話:人手不足 不況でボランティア減 自殺危ぶむ相談は急増

名物バイヤーの藤巻氏擁立=参院比例にみんな(時事通信)
1時間追われガス欠、3人組に2万円奪われる(読売新聞)
幸夫人「厳しい決断だった」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)
社民山口県連、原田大二郎氏の推薦見送り(読売新聞)
福島で震度3(時事通信)
posted by イシイ オサム at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。